おまとめローン案内所


   8月 14

おまとめローンは金利が大事

通常のカードローンなら多少の金利差はあっても月々の支払額はそれほど大きく変わらないのでスピードや審査難易度が重視されがちですが、おまとめローンに関しては金利も決して蔑ろにはできません。


おまとめローンは基本が大口融資

数社からの借入を一社にまとめるこのおまとめローンは性質上、どうしても大口の融資になりがちです。例えば3社から100万ずつ借入をしていたら一社一社の借入額はそれほど大きくないように見えますが一本化すると総額300万円になります。同じ10%の金利でも借入額は100万円だったら利息は10万円ですが、300万円だと利息だけで30万円にもなります。金利1%に対する利息が大口なほど大きくなるのでおまとめローンは金利の低い会社を選ぶ事が重要です。尤もこのケースの場合は、利息は10万x3社でかかる利息は同じ30万円となっています。


月々の支払い額を想像する

もしおまとめローンを利用する際に年利が5%のおまとめローンと10%のおまとめローンがあったとします。あなたは数社からの借入の合計が200万円にまで膨らんでいます。この場合前者の利息が10万円、後者の利息が20万円になります。前者の月々の支払い額は8000円弱程度ですが、後者の月々の支払額は17000円近くなります。これだけ月々の支払額が増えると生活を圧迫するので、少しでも金利の安い商品を利用したいですね。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.