おまとめローン案内所


   7月 04

おまとめローンはランキングから決める?

ローンを組みたいと思った時、皆さんはどのようにして利用先を探していますか?
ネットやスマホから検索をしておまとめローンの出来る場所を探している人もいるようですが、それは大変ですよね。
オススメなのは、おまとめローンのランキングを検索することだと思うので、ぜひ調べてみてはいかがでしょう?
上位に来ている場所は、それだけ周囲からの信頼を集めているという事なので、安心して利用することが出来ると思います。


おまとめローンを申し込む前に

申し込みをする前には、やっぱり口コミや評判についても確認しておくのがいいと思いますよ。
公式サイトも詳しいことが書かれていますが、実際に利用している人の声を掲載している場所はあまりありませんからね。
だからこそ、しっかり調べて確認しておくことが大事になってくるんじゃないかなと思うんですよ。
悪いことが書かれていても、人によって条件が違えば対応してくれた人も違うので仕方がないのかもしれません。


注意したことは?

注意したいのは、審査なんですけど転職ばかり繰り返している人や、勤続年数が極端に短い人は注意して。
おまとめローンは、勤続年数が長ければ長い程受かりやすいと言われているので、短い人は待ってからにしましょう。
また、過去に延滞ばかりしている人も審査に通りにくいらしいので、気を付けるようにして下さい。


   5月 29

おまとめローンとは

おまとめローンを利用することで、今までは合計が100万円を超えていても、1社1社では100万円以下であることから、18%程度の金利負担が発生している場合もあります。これを1本化することで100万円以上になれば、法律の定める限度の最高金利であっても15%になります。金利負担はかなり減ることになりますので、大変メリットがあるローンです。


<おまとめローンは貸す側にとって賭けになる?>

おまとめローンは、融資実行がされて他社の返済を行うまでは、2倍の借金を持つことになります。申込者がこの2倍の借金を負うだけの支払能力があるのか、信用があるのかといったことを、審査する側は判断しなくてはならないのです。果たして本当に1本化するのかも問題ですし、返済してことで新たに借入が行える可能性も出来てしまうのです。そのため貸す側としては、慎重に審査を行うべき案件になるのです。そこでその危険度を減らすために、おまとめローンの融資を実行する金融業者が、本人に変わって返済を行うシステムにしてる会社もあります。その後の借金を防止することは出来ませんが、少なくともおまとめローンを行った時点での目的はきちんと達成させています。


   5月 28

おまとめローンはやっぱり銀行を利用する?

どの金融機関を利用しようか悩んでいる人は、色々ネットで検索をしてから決めるのがいいかもしれません。
やはり、普段から使い慣れて安心できる銀行からおまとめローンを利用するのが一番だとは思いますが、金利の問題も。
もしかしたら、使い慣れている銀行よりも消費者金融の方が金利が安くなっている場合もありますから、よく比較をして。
どのようにして調べたら良いのか悩んでいる人は、ランキングを検索してみることをオススメします。


おまとめローンの審査について教えて

こちらのローンに関しては、審査が厳しいと言われているので事前に確認しておくことが重要になってきます。
審査基準が一切公開されていないものだから詳しいことは分かりかねますが、恐らくきちんと返済できる人が基準なのでは。
おまとめローンの審査では、勤続年数を重視するらしいから転職したばかりの人や働き始めた人はもう少し待ってからにして。
また、あまりにもお金にだらしのない人やルーズな人も落とされてしまうから、注意して下さいね。


返済計画をしっかり立てよう

返済計画をしっかり立てることで、少しずつ完済へ近づいていくと思うんですよね。
何も考えずにただおまとめローンの返済を毎月していくのは良くないので、しっかり責任を持つようにしましょう。
もし、遅れてしまいそうなときは必ず連絡を入れるようにして下さいね。


   4月 11

おまとめローンは銀行と消費者金融、どっちを使う?

おまとめローンを金融商品として扱っている会社には、銀行と消費者金融があります。法律の違いから、銀行には総量規制という年収に対する制限がないことや、おまとめローンは消費者金融でも規制対象ではないというメリットがあり、借金に不安がある人に評判がいいそうです。


おまとめローンで実際にお金を借りるかどうか

おまとめローンにはおおまかに2種類あり、これはざっくりと説明すると実際にお金を借りるかどうか、という点が違います。消費者金融などでは、多くの場合、おまとめ専用ローンと呼ばれるものが多く、実際に現金を借りないこととなります。お金を借りないので、新しいローンという認識をしにくいというデメリットもあると言われています。


現金を借りる場合にはもう借りないこと

限度額の高いローンを利用して、実際に借金をして返済をまとめるのがおまとめローンでも、現金を利用するローンです。この場合、限度額に余裕ができた場合には、またお金を借りることができてしまうというデメリットがあるので、もう借りないという意志のある人に向いているそうです。実際にお金を借りたほうが緊張感で返済が進む人、借りる余裕があると不安な人、など、自分が利用しやすいローンを探してみましょう。利息だけでなく、ローンの特徴を知ると返済も進みやすくなります。